プルーニャ!

梅と猫をこよなく愛するカエの日常。 同人的要素が多いです要注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日吉若の正体見たり超ツンデレ(日吉編)

昨日ね~昨日ね~。
職場で思わず青く燃える炎を発するほどに腹立つことがあったのよ☆
あんまり腹立ったので定時で帰ってきて、
本当は実家に戻らなければいけなかったのに
「あえて俺は・・・寝る!」
と布団に入ったのよ。
とはいっても2、3時間仮眠をとるつもりだったのに
気がついたら13時間眠りこけてました。

チャングム見逃したーー!!
(↑最近アカギと並んで毎週のお楽しみ)

と、思ったら昨日はチャングムお休みだったんだ!俺ってラッキー↑
だが約束してたのに何も連絡なしに戻らなかったから
きっとおねえちゃん怒ってんだろうな~。
と思いつつまだ連絡してません。こわーい

しかしいけないと思いつつ職場で殺意の波動を出してしまってよくない。
もっと大人にならなければ…
嫌なことがあったらとりあえず夢の世界に逃げ込むとするよ…
その為に学園祭日吉編をメモ書きしなきゃじゃない?!
ってなわけで続きはクリックしてどうぞ↓
(ちなみに本名でプレイしたので、ヒロインの名前は仮に「梅田カエ」とする)
あ、あとね。
今までの学プリ感想の比ではないほど長いです!
且つ、イタさも抜きん出ております!!

覚悟を決めて、クリックしてください。↓
「また誘ってやる」

だあぁぁぁっ!!

「フッ…そういう凛としたとこと、嫌いじゃない」

だ、だぁぁぁぁーッ!

「お前って…可愛いよな」

ダーーーーーーーーー!!


許してください!もう許してください!
ごめんなさいごめんなさい!
学園祭の日吉様に殺されてしまうよ…!
このゲームをやるにあたりYQさんが
「男をとっかえひっかえ連れ込んでるとご近所に思われないようにね」
と言っていたけど、YQさんそれ違う!それチガウヨー!
あの家猪木がいると噂されているよ!

そんな日吉との恋愛、それは八つ当たりから始まった。
ゲーム開始して跡部さんから学園祭について説明を受けます。
跡部さんはこの学園祭で関東大会の雪辱を晴らすおつもりらしい。
江戸の敵を長崎で討つってこういうことを言うんだよね…
でも「アトラクションは他校のメンバーと組めるから氷帝の先輩にも下剋上のチャンス」と言う日吉が愛しい。
いつでも下剋上を忘れない、お前のそういうとこ嫌いじゃない。
ほんで待ちに待った自由行動で日吉に話しかけたらものすご冷たい。
でも何故か上がる親愛度。こっのツンデレめー!
こっちも相手は日吉だしそうそう感じいい反応が返ってくると思っていないのでこんなんでもほくほくプレイを進めました。

ほんだらいきなり仕事を押し付けられた上に怒鳴られた。

こ…こえー!日吉こえー!
梅田さんが泣きながら他のクラスの女子にちくったら
「何それ!日吉、明日からハブね!」
とか言われかねない怒鳴りっぷりだった。ちょっと悲しかった(笑)
見かねた跡部さんが止めに入ってくれたのですが。
頭を冷やしに日吉が立ち去った後、
「許してやってくれ。あいつは責任感が強くてな」という跡部さん。
責任感…あの、今仕事押し付けられそうになったのですが…(笑)
なんでも、関東大会で負けたのは自分のせいだと思っていて、その為練習したいけどこの学園祭準備で練習できないからイライラしており、八つ当たりしてしまったんだと。
そうだったんだ…ひよこちゃん…
てか跡部さんもそこまでわかっているなら練習させてあげてよ…(笑)
次の日、ちゃんと謝ってくれたひよこちゃん。
跡部さんと格の違いを見せ付けられただけだと悔しそうな様が可愛かったです。

そんなイベントを経てだんだんと態度が柔らかくなる日吉。
梅田さんとも徐々に距離を縮めていきます。
ちなみにアトラクションでは本能寺の変の劇に参加。
勿論配役は明智光秀。
打ち合わせの時に、光秀の行動は計画性が無いとかいう観月さんに
「なるほど…事前の計画は重要ということですね」と
消費者金融のCMみたいな日吉。
「俺は三日天下にはならない」としきりに言う日吉。
かわいいねこの子←キモい
せめて三日でもいいから天下取れればいいね。と思ったことは秘密だ。
あと模擬店では跡部さんの提案する喫茶店ではなく
あえてもう一つのたこ焼き屋に参加する日吉。ここでも下剋上を意識か。
たこ焼き屋、作り方を忍足が指導するのだけど

「生地は薄いかなぁと思うくらいユルユルにといてな…
(んはぁ)…その方が中がトロトロになる」


↑かつてここまでエロいたこ焼きの作り方の説明があったであろうか…
とりあえず忍足、お前トロトロって言いすぎ。
そんな破廉恥な講師の教えに素直に従い、練習に励むひよこちゃんが可愛い。
誰が見ていなくても一人で黙々と練習するひよこちゃん、偉い。
失敗作を食べるのを手伝ってくれと言われる。
食べ物を粗末にしない、その育ちのよさたまらん。
「美味しいよ、せっかくだから先輩達に差し入れしてこよう」というと
失敗作だぞ、と心配するひよこちゃん。
大丈夫おいしいからと言うと照れくさそうだけどめっちゃ嬉しそう。
かわいいな…←この人キモい

こんな感じで学園祭の準備をしつつ日吉に気に入られ始めた梅田、
ここで変化が。

なんか日吉が意地悪だ。

どうやら梅田さん、恐い話がダメな人なのだが
それを知っててわざと学園七不思議の話をする日吉。
デートは勿論和製ホラー。恐がる梅田さんを「フ…」と見つめる日吉。
(この映画館でのスチル、日吉かっこいいんだけどいくらかっこよくても映画観てるときにじっとみられたら嫌だ)
日吉はどうやら好きな子には意地悪をしてしまう性質らしいよ…!
まるで小学生のような意地悪で彼女の気を引こうとする日吉。
いや、2年前まで小学生だったから別にいいんだけども。
一緒に帰る時なんて「この道、ひたひたさんが出るらしいぜ」なんて
今時小学生でも引っかからないような脅しを使うんだよこの子!
や、あたしはちゃんと「こわ~い」って送ってもらいましたがね!(笑)
いやいやでもこの意地悪日吉がね…とってもいい!!
何がいいって、声がいいよ!
今まで散々鳳啓助の真似してる人みたいだとか言ってましたが、
この声の真価はいじめられた時にわかるよ!
あの「…フッ…」って言われてみんしゃい!すごいから!
岩崎さんまじすげえ…!

ホラーのDVD買って
「俺が見終わったら貸してやる」
い、いじわる!!

七不思議のうち6つを知ってしまった梅田さん(勿論教えたのは自分)に、最後の7つ目を知らないと呪われると言って
「いいんだぜ~別に俺はどうなったって」
ひ、ひとでなしぃぃぃ!

梅田さんに名前で呼んで欲しくて
「特別に俺のことは名前で呼んでいいぞ」
え、えばりんぼぉぉぉ!!

もう、この声でからかわれ、揚げ足を取られ、苛められる喜びを皆さんにも分けてあげたいよ…(いらねえよ)
ああ今まではどちらかというと苛めたい対象だった日吉に
どんどん苛められたくなっている自分がいる。
というかどんどん私の中で攻になっていく日吉。
とりあえず切原とのCPは日吉が攻でよい、とまで思う始末。
乙女ゲーやっててもそんなことを思う私のBL属性、一分の隙もなし。
(というかただ単に業が深いだけなのでは…)

そう、それで上記にもありますが日吉と学園七不思議の
最後の七つ目を調べに行くイベントがあるですよ。
ちなみに六つ目までは日吉が調査したらしい。
一人で調査したのだろうかこの子…と、友達いるのかな大丈夫かこの子。
とりあえず深司とは仲良くなれそうな気がするよ。(深司も七不思議調べてた)
YOUたち、友達になっちゃいなよ。
とにかく、怖いのが苦手な梅田さんを無理やり巻き込むいじめっ子日吉。
しかしよくよく話を聞いていると、学園祭の会場は夕方扉がロックされ
翌日の朝まで開かないとのこと…
でも七不思議を調べるには夜の会場にいなくてはならない。

つまり一晩中誰もいない会場に日吉と二人きり。

なにこの「毎度お騒がせします」みたいな展開…!(←あんた年がばれますぜ)
ちょ…ヒヨ…すっごいのね!あんた…!
親になんて言えば、という梅田さんに「友達の家に泊まるとでも言っておけって」って。
若干14歳(推定)で付き合ってもいない男にこんな台詞を吐かれるなんざどういう気分よ、なあ梅田さん。と思わず画面の中のわが分身に問いかけたくなったよ…
「お父さん、お母さんごめんなさい」という梅田さん。
私ももういろんな意味で両親に謝りたくなったよ…
ほんで結局七不思議は木の陰が原因だったことがわかり、
いよいよ夜の校舎に二人きりになったわけで。
「これから、どうする…?」みたいにいうひよこちゃん。
なんだよ~、お前こっからが本当の目的だったくせに☆

とかいってたらあっさり跡部さんに見つかった。

めっちゃ慌てる日吉。
「お前にはこういうシチュエーションはまだ早い」と言われてしまう日吉。
可哀相!なんて可哀相!
この時の為にゴムまで用意していたであろう(決め付け)のに
こんなん言われちゃってぐうの音も出ないあの子が不憫でたまらん!
そしてなんてかわいいのだろう…!
もうね~日吉のシナリオはこれですよ。
梅田さんを苛める日吉

跡部さん登場。大概にしとけよアーン

いたずらが見つかった子供のようにしおらしくなる日吉

このループが、とってもいい!跡部さんいいネ!
もう日吉のいじめが始まると「来い…跡部さん来い!」と念じたよ。
しかしヒヨの跡部さんの意識しっぷりは凄かった。
模擬店も跡部さんの喫茶店じゃない方を選ぶし、アトラクションも跡部さんのハムレットに対抗すべくもう一個の劇に出るし。
跡部にしてみたらここまで自分に剋とうと意識する後輩はかわいくて仕方ないだろうな…

そして学園祭当日。
実はよそのプレイレポを読んで日吉編最大のイベントがお化け屋敷で起こる事を既に知っていました、私。
そんなわけでずっと「くるか、くるか」と思ってました。
…きた!きたー!いった、いった日吉いったーーー!!
がっぷりよっつだーーー!!

↑まるで格闘技の実況ですがパニックになった梅田さんを日吉ががっしり抱き寄せちゃったのです。
こ・・・・これは日吉ですよね??ひ、ひよしすげ…
ネタバレ知っていたというのに目の前で起こっていることがわからないよ!
途中まで「これはきっと古武術の型に違いない。投げ飛ばされるオチがあるに違いない」と自分に言い聞かせて見ていました。
私に一分の油断も無い。きっと手塚先輩は褒めて下さるだろう。
とか思ってたら

「もう少しこのままでいていいか…?」

い、いったぁーーー!!日吉いったぁーーーーッ!!
ちなみに泥酔してやった一度目のプレイで記憶を失ったのはここだ。
(↑漫画の中の人のようにわかりやすい私)
あの、他のお客さんの迷惑になるんで…という不動峰の子達の冷ややか且つもっともなツッコミを受け外に出た二人。
照れながら「か、勘違いするなよな!」というひよこちゃん。
するよ!馬鹿!!(笑) もうやだこの子…!

もうこの時点であまりのサービス過多にお腹いっぱい。
このあと学園祭は終わり、日吉の告白シーンとEDと続くわけですが
ここまでやられるともうヒロインに感情移入する気も起きず
はぁ~もうお幸せに!とアメリカンポーズでやれやれと思ってしまいました。
そんなにこのゲームクリアしたわけではないですが
日吉とヒロイン、このバカップル度は相当なものだと思います。
や、かわいいんだけどさ…!
あ、でも一応告白シーン書いておこうか。

梅田「性格悪い」
日吉「今更だろ?」
梅田「意地悪」
日吉「それも今更だな」
梅田「…そういうところも全部好き」


もうやだ、この子達(笑)


とにかく、日吉を堪能しました。
プレステ2とこのゲーム、併せて買ってよかったよ…
日吉は期待に違わずツンデレでした。
しかしツンは予測できたけど、デレの部分がそーとーデレなので
これからプレイする人は注意してくださいね。




スポンサーサイト
  1. 2006/03/18(土) 16:23:22|
  2. 学プリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<取り急ぎリズムを上げてお礼だぜー! | ホーム | か、勘違いしないでよね!(ツンデレぽく)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://prugna.blog55.fc2.com/tb.php/14-8abd9512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

梅田カエ

Author:梅田カエ
この先何事もなくつつがなくたゆたう様に日々は過ぎていくと信じていた。
テニプリとブライスに出会うまでは。
合言葉は「大人ののめり込みを見せてやるッ!」

sanchaho.jpg
↑共同運営福本サイト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。